活き活き生きるしなやかさ💃

スーパーボディトレーナーたーきーのしなやかブログ

〈料金のご案内〉

【たーきーリズムセッション】


ロダンサーの経験を元に編み出された

実践的なパフォマンスアップの為のトレーニング。


身体全体の連動性を高めしなやかな力強さを生み出す究極メソッドをお伝えいたします。

 

パフォーマンスを向上させる鍵は【一流アスリートの感覚を掴むことです。

 

つまり【センス】を磨くこと。

 

「センスがない動き」をしてるとき身体はありがたいことに痛み等の不調を発してくれます。

 

・イメージしているように動けていない。

・パフォーマンスが伸び悩んでいる。

 

もしくは

 

・肩こりや腰痛等の不調で悩んでいる。

・筋力、体力の低下を感じる。

 

のであれば。

 

それは身体からの運動感覚低下のお知らせです。

 

一流プレイヤーが動いている時の感覚を習得し身体を動かすことができれば劇的なパフォーマンスアップが可能になります。

 

さらにそのような感覚をものにできるだけで

必然的に体幹機能が高まり、しなやかで力強い動きになります。

 

 

--------------------------------------------------------------

〇リズムセッション

【時間】90分 

【料金】15000円

【定員】1名~4名

【持ち物】

・動きやすい服装(心配な方は予備のご用意)

・室内シューズ(素足でも可)

・水分

・タオル

【日時】ご希望の場所や日時をお申込みフォームよりお申し込みください。


※基本は鏡のあるスタジオで行います。

※料金は人数により変動いたします。5名様以上になる場合はご連絡ください。

  

------------------------------------------------------------------

 


【その他・留意点】

 

◇活動範囲は、東京・茨城・千葉・埼玉です。(応相談)

 

◇移動費として電車往復料金を頂戴いたします。

 

◇貸しスペースをご利用する際に発生する代金はご負担いただきます。ご了承くださいませ。

 

◇その他、ご不明な点など御座いましたらお気軽にご連絡ください。

 

たーきーリズムセッションお申込みはコチラ

 


スーパーボディトレーナー
たーきー
Tel:070-6443-9577
Mail:o.takaaki221@gmail.com
facebookページ:
https://www.facebook.com/takaaki.okuyama.90

〈セッション概要〉

【たーきーセッション】

 

(※ たーきーストレッチ(通称たきすと)とは。

アスリート向けの「しなやかで力強い身体作り」を徹底的に突き詰める

元プロダンサー・スーパーボディトレーナーたーきーオリジナルトレーニングメソッド

 

「いったい一流プレイヤーがどのような感覚をもって動いているのか?」

その、目には見えない運動感覚(センス)を磨くトレーニングです。

 

たきすとを通して、貴方の最高パフォーマンスの引き出し方をお伝えいたします。

 

 

 現役アスリートからも

「これはすごい!!」

「もっと早く知りたかった!!」」

と好評価いただいております。

 

 

貴方の目指すパフォーマンスになれるよう、習得度に合わせてセッションのご利用継続目安などアドバイスいたします。

 

その他、ラインやメールでのご質問も随時受け付けております。

 お気軽にご連絡ください。

 

 

【グル―プ】

グループセッションだから初めての方でも安心。

ご友人を誘い合わせパフォーマンスアップに向けた本格的なトレーニングを行いましょう。
高い運動効果の実感はもちろん、ご自身のセルフボディケアとしても強力な武器になります。


○グループセッション限定。

徒手によるムーブコンディショニング +20分3000円
たきすとと併せて今まで感じたことのない【感覚の違い】を体感できます。

 

【たーきーグループセッション】のご案内はコチラ

 


【パーソナル】

貴方だけのマンツーマンセッション。

たーきーストレッチ・徒手によるムーブコンディショニング等。
全てのコンテンツからパフォーマンスを追及する貴方専用にメニューがカスタマイズされます。

 

・パフォーマンスを飛躍させたい

・自分の身体と真剣に向き合いたい

という方にオススメです。

 

【たーきーパーソナルセッション】のご案内はコチラ


 

 


【たーきーリズムセッション】

 

複数人でセッションを行います。

トレーニングをより実践的な動きへ発展。


反復的なトレーニングでを行います。リズム感がなくても全く心配ありません。


ロダンサーの経験を元に編み出された、運動感覚トレーニングによって、
実践的に体幹機能を高め、しなやかに力強く動くことができます。

 

 

ダンスで使われるような【瞬発的に力強く動くコツ】を習得すれば、

どの競技でも劇的なパフォーマンスアップが実現可能!!!

 

 【たーきーリズムセッション】のご案内はコチラ

 

 

 

 

その他、ご不明点など御座いましたらお気軽にご連絡くださいませ。

 

スーパーボディトレーナー

たーきー

tel:070-6443-9577

mail:o.takaaki221@gmail.com

facebookページ:

https://www.facebook.com/takaaki.okuyama.90

【料金のご案内】

【たーきーセッション】

 

------------------------------------------------------------------

 

たーきーセッションでは複数人で行う〈グループセッション〉をオススメしております

 

ご友人と一緒にトレーニングを行うことで効果も実感しやすくなります。

 

〇グループセッション

【時間】90分

【料金】15000円
こちらのグループセッション限定で

徒手によるムーブコンディショニング+20分3000円で受けていただけます。
今まで感じたことのない【感覚の違い】を体感してください!

【定員】2名

【持ち物】

・動きやすい服装

・水分

・タオル

・ヨガマット(フローリングの場合)

・筆記用具

【日時】ご希望の場所や日時をお申込みフォームよりお申し込みください。

※料金は人数により変動いたします。3名様以上になる場合はご連絡ください。

 

 

マンツーマンのパーソナルセッション【90分 10000円】でございます。

パーソナルセッションでは、ひとつひとつ丁寧にトレーニングのポイントをお伝えしていきます。
さらにムーブコンディショニングを施すことでトレーニング効果を引き出すことができます。

 

パーソナルセッション・グループセッションのお申込みはコチラから

 

 

------------------------------------------------------------------

 


【その他・留意点】

 

◇活動範囲は、東京・茨城・千葉・埼玉です。(応相談)

 

◇移動費として往復料金を頂戴いたします。

 

◇貸しスペースをご利用する際に発生する代金はご負担くださいませ。

 

◇その他、ご不明な点など御座いましたらお気軽にご連絡ください。

 


スーパーボディトレーナー
たーきー
Tel:070-6443-9577
Mail:o.takaaki221@gmail.com
facebookページ:
https://www.facebook.com/takaaki.okuyama.90

【運動】まるで宗教・・・

こんにちは!スーパーボディトレーナーのたーきーです!

 

ラジオ体操を代表とする「健康体操類」(以下「運動」)は本当に身体に良いのか。

 

今日はこんなテーマで書いてみます!

 

運動の効果の有無は続けてみた者にしか分からず「信じる者は救われる」的な、まるで宗教チックな感じなのである。

f:id:tk07064439577:20170514134419p:plain

(現代日本のフィットネス業界では大半のヨガやピラティス等も、健康体操と同枠組みである。)


そして根気よく続けてみた結果、本当に信じて救われた者はよいのだが、


続けた結果として「逆に身体を痛めてしまった。」などという本末転倒な場合が大半である。

 

f:id:tk07064439577:20170514134652p:plain

当たるも八卦当たらぬも八卦では困るのである。(とくに運動を提供する側が。)

 

この問題に関しては取り組んだ運動そのものが悪いのではなく、
運動を行う人の身体の問題であるのだが、

 

さらに突っ込んで言えばその個々人の身体の問題をカバーできてない運動にも問題があるのだ。

 

「誰でもできる簡単で楽しい健康体操♪」と耳障りのよいことを謳っておきながら乗り越えなくてはならない壁がいくつもある。


f:id:tk07064439577:20170514135924j:image


元々バイタリティがありその壁を越えていける人にはなにも問題はない。

キツイことに変わりはないだろうけど多少無理をしてでも謳い文句の通り「楽しい健康体操」である。       ・・・これに関しての弊害はまた今度書きますね。

 

 

問題なのは壁を越えていけない人達がいることなのである。


「将来の快適な身体(健康)の為の体操」で「誰でも」「簡単に」「楽しく」できていないのである。

 

続く

 


facebookページ:
https://www.facebook.com/takaaki.okuyama.90
tel:070-6443-9577
mail:o.takaaki221@gmail.com

貴方の「力がない」理由

こんにちは!スーパーボディトレーナーのたーきーです!

 

前回シェアした大学教授の「力とは?」の動画について、

 

ikiikiikiru.hatenablog.co

 

 

今回は私の見解である。

 

内力(筋力)↔外力(重力や地面反力)

があり「それを瞬間的にうまく使うのが一流だ。」と言うが、

 

果たして本当にそうだろうか。

 

特に地面反力についての立位腕相撲の動画。

(2回目の押し負けているポジションから勝つ)に関して、盲点が見受けられる。

 

教授の身体にオレンジで示された右足の地面反力の大きさを表す線であるが、

 

教授が地面反力を使う際にそれがグッと変動している。

 

一見合理的なように見えるが、

これでは相手へ作用するまでの時間(動き出し)が遅くなるし、何よりも持続性が無い。

つまり、実践向きではない。

 

私がお伝えしたいことはより実践的なこと。

 

どういうことかというと、地面反力を【常に】使える状態であることを立位のベースにする。

 

イメージとしては、

教授の足から生えるオレンジ線と緑線が常に上方向へ伸びまくっている状態である。

 

イメージできるかな?

 

『あとは押すだけ』そんな状態である。

 

この時注意したいのは、教授が冒頭で仰っているように『「力む」のは力発揮において錯覚である』ので、

 

『地面反力を常に使える状態=力む』ではないことがポイントである。

 

じゃあ何をしているのかというと、

踏ん張るのでも地面を押すのでもなく、

ただ立っているだけである。

 

例えば力負けしてしまうプレーヤーがいるとするなら、立ち方そのものに問題があることを見抜かなければならない。

 

 

 

 

 【オススメ動画】知っているようで知らない「からだ」の使い方

http://www.kansai-u.ac.jp/koudai/movie/sport_science/index.html

関西大学育学部〉

 

 

Facebookページ:

https://www.facebook.com/taakii221/ 

Tel:07064439577 

Mail:o.takaaki221@gmail.com

重力と地面反力

こんにちは!スーパーボディトレーナーのたーきーです!

 

関西大学健康体育学部の教授がとても論理的に説明してくれている動画があるのでUP。

 

「力とは」

 

プレーヤーもトレーナーも共に見ていただきたい動画である。

 

 

 【動画】知っているようで知らない「からだ」の使い方

http://www.kansai-u.ac.jp/koudai/movie/sport_science/index.html

関西大学育学部〉

 

 

私のやり方は異なるもののベースは同じ。

 

 

軸なんてものは存在しない!!!~言葉のトリック~

こんにちは!スーパーボディトレーナーのたーきーです!

 

運動指導者に向けての記事です😉

 

 

 

「言葉」それぞれにイメージがあります。

 

「言葉」に付随するイメージに人は大きく惑わされる。

 

特に運動指導者は相手に運動を伝える際の言葉をよーく吟味しなければならない。

 

「その言葉の意味。」ではなく。

「その言葉を使うと相手はどんなイメージ(連想)をしてしまうのか。」というところ。

 

 

例えば「軸」という言葉があります。

 

元々ダンスの業界とかでよく耳にしていましたが、最近ではスポーツ業界や機能訓練の現場でもよく聞くようになりましたね。

 

 

・軸を作る
・軸の通った姿勢

・軸のある身体

 

 

実際の現場でもこのような言葉を用いて運動指導をしてしまってはいませんか?

 

なにがよろしくないのか分からなければ自分ごととして捉え直してみましょう。

 

貴方は「軸」という言葉を聞いたときにどのようなイメージが湧いてくるでしょう。

 

 

 

きっとモップの柄のような一本の棒状のものをイメージをしてしまいませんか?

f:id:tk07064439577:20170511160135p:plain

 

それを「身体の中に作れ」と言っているということになります。

 

残念ながら、そのようなイメージをもっていては身体を機能的に動かすことはできません。

 

 「スクワット」の画像検索結果

 

それどころか身体はどんどん固く動かなくなってしまいます。(トレーニングとしては「キツイ」と感じ易くなるからいいのでしょうが…。)

 

言葉の利便性として「軸」という言葉を個人的に使っているだけなら構わないでしょうが、

 

指導する立場として、「軸」という言葉をお客さんに直接使ってしまうのはあまりよろしくありません。

 

指導者が「軸」という言葉を使った途端、お客さんは一本の棒状のようなものを身体の中に練り上げ、意図せずロボットのような動きに仕上がってしまいます。

 

指導者とお客さが共にそれ(ロボットみたいな感じ)を【理想】とするなら何も問題ありませんが。

 

「軸」と言われるようなものを作った時点で筋力的にも弱く機能的な動きや身体はできません。
これについては簡単な検証で確認できます。

 

 

仮に、「軸」というものがあるとするならば、

 

それは変幻自在に場面や態勢等により変則的に動くものであり、捉えられないものになります。

 

 

そう。もはや「軸」という言葉が当てはまりません。笑

f:id:tk07064439577:20170511161027p:plain

 

「軸を作ろう!」としたり「軸を捉えた!」と感じるならば、

 

それはすでに棒状のようなものを身体の中に作って固まってしまっている証拠です。

 

ロボットを量産したくないのなら、指導者が指導現場で使う言葉は「軸」ではなく、

他の言葉を用いてお客さんに分かりやすくお伝えしていくことをオススメします。

 

逆にロボットを量産したいならバンバン「軸」という言葉を使っていきましょう。笑

 

 

 

最後までありがとうございました!

 

 

たーきーセッションのお申込はコチラ 

https://ssl.form-mailer.jp/fms/df6954a7507183

 

Facebookページ:

https://www.facebook.com/taakii221/ 

Tel:07064439577 

Mail:o.takaaki221@gmail.com